販促品手法

販促品にデジタルフォトフレームが採用されるのは

販促品にデジタルフォトフレームが採用されるのは

様々な店舗内に、販促品としてデジタルフォトフレームが利用されています。
この背景として、顧客へのサービス説明において、動画の活用が効果的であると言われているからです。
紙媒体の販促品ももちろん売り場のにぎやかしという意味では非常に重要ですが、動画での表現はそれを大きく上回ります。
特に、売り場に店員をつけなくても、顧客がセルフでサービス内容を把握できる点は、非常に合理的な販促活動といえます。
では、デジタルフォトフレームでどのように動画再生させるかですが、まず、フォトフレームにはSDカードを挿入することができます。
このことを利用し、SDカードにデジタルコンテンツ(動画ファイル)を入れ、フォトフレームで再生させます。
また、SDカードの内容を書き換え、SDカードのみを持ち運びして、売り場に持っていけば、新しい内容に差し替えるのも簡単です。
デジタルフォトフレーム自体が安価であることも功を奏し、営業活動での採用が増えてきています。

販促品には挨拶文を同時に配布する事

新しいお店をオープンする時や、新しい商品を送り出す時、新サービスの提供を始める時などには、その前後に販促品を配布することで、より多くの人にそれらのことを知ってもらうことが期待できます。
その場合により宣伝効果を高めるには、もらってくれやすい、また使ってもらいやすいような販促品を選び、店名や商品名などをわかりやすい形で表示することなどが考えられますが、それにプラスして挨拶文を同時に配布すると、さらに効果的だと言えるでしょう。
販促品に店名や商品名などの伝えたいことを記載するとしても、それらを印刷できる面積にはおのずと限界があるため、例えば自分たちはどういった精神でお客さんに対応していきたいとか、自分たちが大事にしているこだわりは何かなどまでは伝えきれないものです。
その点販促品と同時に配布する挨拶文になら、そういった内容もしっかりと記入することができます。
例え手に取った全ての人が挨拶文の中身にまでは目を通してくれないとしても、そのメッセージを少しでも多くの人に知ってもらうための役には十分立つと言えるでしょう。