販促品に合うイラスト

販促品に合うイラスト

販促品に合うイラスト

販促品を使ったセールスプロモーションを街で目にしたり実際に手にしたりする事多いですよね。駅前で広告の入ったティッシュを配っているのもそれにあたります。無料でもらってうれしい物ならば、貰えるだけで配っている企業の好感度は上がるというもの。でも、イラストに工夫を凝らす事でもっと販促品を魅力的に効果的にする事が可能です。

販促品に入れたり、プリントしたりする広告に、目がチカチカするほど派手な色を使い目を引こうとするものがありますが、それは逆効果です。実はシンプルな物でOK。企業にそれを象徴するキャラクターがいればそれを少しあしらうも良し、会社のロゴイラストもでかでか主張するよりも、隅にさりげなく印刷されてあった方が、好感度が上がります。

イラストを印刷する場合も、あまり派手な色を使うよりも、緑など目に優しい色合いに工夫することで、もらった人に好感をもってもらえる販促品にしあがります。宣伝することは大切な事ですが、出しゃばり過ぎない謙虚さが効果を向上させるコツです。

販促品にイメージキャラクターを入れるときの知識

販促品にイメージキャラクターを入れる場合には、意匠登録の範疇について十分に確認をすることが必要です。多くのイメージキャラクターは意匠登録がされており、その際に表示をする際の大きさや色柄などが指定されている場合が多く、また表示することができる媒体についても指定をされていることが多いためその基準に則っているかどうかを事前に確認をすることが重要です。
販促品の場合には様々な場面で利用されることが少なくありません。そのため多くの人の目に留まることが多く、その際に意匠登録の面でトラブルを招いてしまうことが非常に多いのです。特に外部のデザイナーなどに作成を依頼したものの場合にはその権利の範疇が限定されていることが多いので充分に注意することが大切です。
また、イメージキャラクターを入れる際には販促品の譲渡についても十分に確認をすることが必要です。どのような場面で利用されるものなのかを十分に意識した上で表記することが非常に重要で、これを誤ると企業のイメージダウンにつながることも多いため、充分に注意をすることが重要です。