販促品手法

販促品の包装は臨時の職員にさせる

販促品のアイデアいろいろ

一時的に長期の作業が発生したときの賢明な経営手法は、臨時の職員に臨ませることです。
社内で通用する能力を磨いてきた人材を配属すれば、その分だけ全体的な生産性が低下しかねません。
とりわけ販促品の包装を行う必要に駆られた場合は、正規の職員には一切を依頼しないように心がけるべきです。
販促品の包装は単純な作業内容ばかりですから、短時間の研修だけでも一人前に慣れる仕事です。
優秀な人材を回してしまうのはいただけないので、臨時的に雇い入れた職員に販促品の包装を一任させることが大切と言えます。
ただし、販促品の包装の全工程に取り組ませるようなことがあってはなりません。
完成品が使い物になるのかどうかの判断を下すときには、継続的に会社で労働している人物に担当させるべきです。
成果物の良し悪しを確実に把握しているわけではありませんから、労働期間が定められている人材には生産工程のみさせるのが良いです。
局所的に仕事を分担させれば、一定の完成度が保てます。

販促品はセールストークの継続に役立つ

販促品のアイデアには、以下のような物があります。
販促品のアイデアの一つ目は、「ステッカー」。
ノートやパソコンなどに貼ってもらうことで、お店の宣伝になります。
洒落たデザインの物なら、使うほうも抵抗がありません。
プリンターで印刷することもできますし、業者に依頼しても1枚数十円程度なので、コストが安いという利点もあります。
二つ目は、「缶バッジ」。
カバンや帽子に付けている人は多いので、宣伝効果は高いといえます。
こちらもコストが安く、1個50~100円くらいで作れます。
デザインも豊富で、ノーマルな物からストラップ型の物、ホログラム加工された物まであります。
三つ目は、「ボールペンおよびシャープペンシル」。
1本20~50円くらいで作ることができ、貰った人はほぼ確実に使ってくれるので、販促グッズとして配布している企業は多々あります。
特に、シンプルな物であれば、学生・主婦・サラリーマンなど、幅広い層に使ってもらえます。